≪Staff Profile≫

≪藤井 翔悟(ふじい しょうご)≫

藤井 翔悟

資格:

 理学療法士 

 福祉住環境コーディネーター2級 

 公式書写検定準師範

 京都リハビリテーション研究会 代表

 

経歴:

 京都市内の病院勤務(急性期、回復期、外来で勤務)

 高校野球医科学サポート

 社会人フットサル選手のコンディショニング

 

施術:

 頭蓋仙骨療法

 内臓マニピュレーション

 筋筋膜経線を利用した筋膜リリース

 トリガーポイント療法

 

 

 

 「あなたは健康に携わる仕事に就き、多くの人のために働きなさい。」

 

私は幼少期の多くの時間を祖母と過ごしており、このように言われ続けました。

そのうちに、どこか自分の潜在意識のなかで医療職へのこだわりが芽生えていました。今思えばある意味洗脳です。

 

中学生時代に一週間の職業体験がありました。私は、地元の病院を見学させていただくこととなり、そこで初めて理学療法士という仕事を知りました。そこでの先生方の働きぶりは魅力的で、なんとなく自分もそうなるんだと考えるようになっていました。

 

そのまま順調に理学療法士養成校に合格し、無事に卒業できました。しかし、臨床に出てからは苦労の連続でした。自分の治療でよくならない患者さんばかりでした。

 

まったく何もできない自分…。

 

自分がこの人に関わることで “この方の人生に何か変化をもたらすことができるのか” とばかり悩んでいました。

 

それがきっかけとなり、そこからは、結果の出せる技術、知識を求めてがむしゃらに学んでいます。まだまだ力不足ですが、自分が成長するにしたがって、確実に私に関わる人に変化をもたすことができるようになってきたと感じています。

 

セミナーや勉強会に参加することで知識や治療技術以外にも学ぶことが多くありました。京都リハビリテーション研究会を立ち上げようと決心できたのも、そこでの出会でした。

 

いつも一歩を踏み出す勇気を仲間は与えてくれます。

 

  “自分の好きなことを、好きなように”    

 

これを私の人生の目標としています。

 

 

あなたには一生涯をかけて追い求めていくものがありますか?あなたの毎日は感動と学びに溢れていますか?

 

自分のやりたいことを知るにはまずはやってみること、すなわち行動することです。そのうえで自分がどう感じるのか。合わなければやめればいい。そうやって消去法で選んでいくしかないと思います。

 

私は縁あって、臨床に出て間もないころかたくさんの経験をさせていただきました。多くの患者さんを担当させていただき(急性期から難病の方まで)患者さんと向き合う中で自分にできること、できないこと、やりたいことを知ることが出来ました。

 

そして何より自分で行動しました。その中では失敗の方が多かったです。成功なんてほんの一握りしかありません。それでも私は行動しました。

 

 

 “拒絶とどう向き合うのか”     

 

 

“できる、できない ではなく やるか、やらないか”

 

 

 

一歩踏み出すかどうかでその後の人生は大きく変わります。私もあの時一歩踏み出せていなかったらと思うと怖くなることが多くあります。

 

そんななかで、私は少しづつ、理学療法士としての自分や、今後どうしていきたいのかを整理できつつあります。これからも行動し、それが変わっていく可能性は十分にあります。

 

まだまだ私は成長の途中段階であり、今後さらに成長していきます。京都リハビリテーション研究会は私自身の成長していく場とも捉えています。

 

私たちは、京都リハビリテーション研究会を通じて、リハビリテーション業界全体のレベルアップを図ることを目標としています。それが、療法士としての私たちのできる社会貢献であり、 ”今” 必要とされていると感じるからです。

 

当研究会は私たちの学んできた知識、技術(現代医学、代替医療、整体など)をお伝え致します。

しかし、それ “だけ” の団体にはなりたくないのです。

 

それ以外に人の健康に関わる仕事を行うということ、同志との出会い、療法士としてのありかた、自分が一生涯をかけてやりたいこと、などをみなさんとシェアさせていただきたいのです。

 

そして京都リハビリテーション研究会に関わってくださるみなさんがより自分らしい人生を歩んでいけるようになっていただきたいのです。

 

 

 

ブログ:http://ameblo.jp/thera-sho/

facebook:https://www.facebook.com/shogo.fujii.75

 京都市で唯一の「慢性腰痛」専門 整体院 京薫 http://xn--1lqtpg26c45otunp5v.com/

 

  

≪京都リハビリテーション研究会とは?≫

 

現代は、療法士飽和時代と言われており、一部では療法士の質の低下を危惧する声も聞かれています。

 

私たち療法士の飛躍すべきこの時代は、まさに変換期であり、

 

職域の拡大とともに、枠にとらわれない自由な生き方が浸透しつつある時代です。

 

そんな中、あなたには

 

 

 

 夢がありますか?

 

 夢を共有できる友がいますか?

 

 夢を実現するにたりるスキルがありますか?

 

 

 

そもそも一人の人間で、できることには限りがあります。

 

ゴールにたどり着くまでに時間がかかること、遠回りしてしまうことが多いのです。

 

人との出会いによって、私自身の人生は変化し、豊かになり、加速してきました。

 

これからもそうであると思います。

 

みなさんには、単にスキルの獲得のみでなく

 

そんな出会いを当研究会を通じてシェアしていただけたらと思うのです。

 

京都リハビリテーション研究会は、そんな思いから創設に至りました。

 

まずは、私がみなさんの人生を加速させる存在になります。

 

 

 

 

京都リハビリテーション研究会 創設者

 

藤井 翔悟